MacOS一覧表

MacOS一覧表

MacOSバージョン一覧(OSX 以降)

バージョン名CPUClaリリースサポート
Mac OS X Public Beta (Siam)P2000年10月21日終了
Mac OS X 10.0 (Cheetah)P2001年03月24日終了
Mac OS X 10.1 (Puma)P2001年09月29日終了
Mac OS X 10.2 (Jaguar)P2002年08月24日終了
Mac OS X 10.3 (Panther)P2003年10月24日終了
Mac OS X 10.4 (Tiger)P/I2005年04月29日終了
Mac OS X 10.5 (Leopard)P/I2007年10月26日終了
Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)I2009年08月28日終了
Mac OS X 10.7 LionI2011年07月20日終了
OS X 10.8 Mountain LionI2012年07月25日終了
OS X 10.9 MavericksI2013年10月22日終了
OS X 10.10 YosemiteI2014年10月16日終了
OS X 10.11 El CapitanI2015年09月30日終了
macOS 10.12 SierraI2016年09月20日終了
macOS 10.13 High SierraI2017年09月26日
macOS 10.14 MojaveI2018年09月25日
macOS 10.15 CatalinaI2019年06月03日
10.8以降に呼称の変更が見られる

MacOSX 特徴・考察・注意点

macOS 10.15 Catalina

  • macOS 10.15 Catalinaはかなりハードに負担がかかるため、特に2012年~2014年頃の低スペック(i5以下)かつHDDタイプMacにインストールすると、実用レベルには程遠い、使用に耐えない状態になるため、要注意である。(2020年4月現在)

macOS 10.12 Sierra

  • JAVA6が廃止されたため、Adobe Creative Suite 5や6のインストールが不可能になった。上記ソフトウェアを利用する場合は、10.11でアップデートを止めておく必要があるが、10.11はサポートが終了していることから要注意。
  • HFSフォーマットが廃止された。

Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)

  • インストールDVDが提供された最後のバージョン
  • 10.9以降の無償バージョンアップに対応するためには、一旦10.6をインストールし、10.6.8までアップデートする必要がある。(対応機種のみ)
  • PowerPCアプリが動作する最後のバージョン。(10.7以降ではRosettaが廃止された)

Mac OS X 10.4 (Tiger)

  • Classic(OS9)環境が利用できる最後のバージョン。
  • 次バージョンの10.5のリリース延期の影響で、10.4がMacOSX史上最も長いスパンのバージョンとなった。前述のClassic環境、そしてPowerPCとIntel Macの両方をサポートする転換点となるバージョンで当時最も利用者の多かったバージョンとも言える。

Mac OS X 10.1以前

  • 一般利用、業務利用共に一切向かないバージョン。ユーザにとっては、有料でテストさせられていたに等しい、Appleの基幹OSの移行期の最も過酷なバージョンとも言える。

PCサポート手帳カテゴリの最新記事